OLYMPUS DIGITAL CAMERA ポリマーから金属まで薄膜の熱拡散率測定が対象ならば万能な超高感度型M3type1
180℃までの熱拡散率を温度を変えて測りたいなら 温度可変型M3type 2
発泡材,液体,粉体なら 熱伝導率直読の振幅計測型M10
ゼーベック係数を簡単に求めたいなら M3type3
赤外線カメラ利用二次元型熱分析と熱拡散率測定を という場合は M100システム
お手持ちの赤外カメラを二次元熱分析機に変身とお考えの場合もM100
ライン検査用にというなら操作簡便なtype1とM10をカスタマイズします
表面方向の熱拡散率測定 多層膜や塗膜の影響を見たい場合はM3type4(開発中)
熱浸透率を求めたいならM10
グラファイト・金属など熱伝導率・熱拡散率というならM3type1
共通事項
小型軽量性は,今までのアイフェイズモバイル1uをそっくり継承しています
データが出るまでの時間が短く,テスター感覚で使えます.
試料部をデシケータ・減圧容器・ガス置換容器中に入れられます.
type1 では,パソコンなしでも測定できます.
試料部を追加交換するだけで,システム拡大が展開できます.

詳細は新カタログをご覧ください(新HPに移動します)